URL


企業が変化に適応して強く(レジリエンス)なるために
サイバーセキュリティリスクとメンタルヘルスリスクの最適解を共に創ります。

 

2022年迫りくるリスクを制する
社会創造のために

ICT化の推進に伴い、企業は情報セキュリティリスクとサイバーセキュリティリスクの脅威に常にさらされています。 また新型コロナウイルス流行後の社会では、社員の心理的負担と影響の拡大は否めません。 我々は、サイバーセキュリティとメンタルヘルスのリスクコントール手法として、Webサイトのセキュリティサービスの提供、アメリカで1100万社以上を調査対象とし、業界比較をしたセキュリティスコアカード社(https://securityscorecard.com/jp)の「セキュリティサマリーレポート」(米国特許)の提供、及び社員教育・研修を通して、企業価値・業績向上を提供します。

活動情報弊社の活動情報をピックアップしていきます。

弊社の活動情報を公開します。

【Yahooニュースに取り上げられました】「スイパラ」のサイバー攻撃についてのコメント

 ケーキ中心のバイキング式飲食店「スイーツパラダイス」の情報漏洩(ろうえい)に、利用客から批判の声が上がっている。運営元の井上商事(大阪市北区)は6月7日、同社通販サイトが第三者から不正アクセスを受け、顧客約7400人分のクレジットカード情報が流出した可能性があると発表。2021年末に情報漏洩の疑い

セミナー

「医療機関向け」サイバー攻撃対策セミナーに登壇いたしました。

各種セミナーを開催しておりますが、「医療機関向け」サイバー攻撃対策セミナーは今までにないほど医療機関の皆様に関心をもってくださいました。●リスクマネジメントの観点から情報セキュリティリスクは、経営リスクの1つであること。●地方独立行政法人市立東大阪医療センター様、徳島県つるぎ町立半田

千葉県立東葛飾高校にてリスクマネジメントとメンタルトレーニングの話をさせていただきました。

私の母校で、中学生・高校生たち(今は、中高一貫に!)にリスクマネジメントとメンタルトレーニングの話をさせていただきました。学校では「東葛リベラルアーツ講座」という活動があり、ここでは専門家から発展的かつ実践的な内容を学ぶことができ、自分の知りたい分野の講座を自由に組み合わせて受講でき

未来の子供たちへ引く継ぐ社会を

私たちに与えられたミッションは、未来の子供たちに企業を存続させることではないでしょうか。
それには「リスクマネジメント」と「レジリエンス」の力が欠かせません。
私たちは、企業と社員のリスク感性の向上、レジリエンス向上をサポートいたします。

お客様事例
国士舘大学教授の推薦
会員ページ

お客様事例

お客様の声をお届けします。

弊社のサービスを活用した
お客様の声をお届けいたします。

国士舘大学教授の推薦

企業体質強靭化のために
最大のパートナーとなる
日本レジリエンス社

御社の信頼できるパートナーとして
また日本のレジリエンス(回復)に向けて
日本レジリエンス社の専門性を大いに活用してください。

国士舘大学政経学部教授 助川成也

会員ページ

セキュリティ専門家による
希少性のある記事を提供します。

会員様に限定で、社員の人材育成に
お役に立てるセキュリティ国際資格
保有者監修の記事を提供しています。

TOP