Microsoft 製品の脆弱性対策について(2022年5月)

概要

2022 年 5 月 11 日(日本時間)に Microsoft 製品に関する脆弱性の修正プログラムが公表されています。
これらの脆弱性を悪用された場合、アプリケーションプログラムが異常終了したり、攻撃者によってパソコンを制御されたりして、様々な被害が発生するおそれがあります。

この内 CVE-2022-26925 の脆弱性について、Microsoft 社は「悪用の事実を確認済み」と公表しており、今後被害が拡大するおそれがあるため、至急、修正プログラムを適用して下さい。

対策

1.脆弱性の解消 – 修正プログラムの適用

Microsoft 社から提供されている修正プログラムを適用して下さい。
Windows Update の利用方法については以下のサイトを参照してください。

    • Windows Update の利用手順 – Windows 10 の場合

https://msrc-blog.microsoft.com/2018/10/18/wumusteps_win10/別ウィンドウで開く

    • Windows Update の利用手順 – Windows 8.1 の場合

https://msrc-blog.microsoft.com/2018/10/18/wumusteps_win81/別ウィンドウで開く

参考情報

  • サイバーセキュリティ注意喚起サービス「icat for JSON」
    ~Webコンテンツ内にHTMLタグを記載することで、IPAから発信する「重要なセキュリティ情報」をリアルタイムに自組織内のWebサイト上などに表示できます。脆弱性対策の促進にご活用ください。~
    https://www.ipa.go.jp/security/vuln/icat.html
TOP