当社は、企業における人財のココロの成長と、人財のリスク感性を高めることを後押しし、
いかなる困難にぶつかっても、柔軟かつ冷静に対応できる人財と企業を多く輩出したいと考えています。

サイバーリスクとメンタルリスクでは一見、畑違いのリスクのように思えますが、
「新型コロナウイルス感染症」の観点で見ていくと、同じ共通点があることは明らかです。

各報道でもあります通り、新型コロナウイルス感染症の流行は、
様々なサイバー攻撃と心理的問題を引き起こしています。

更にICTの活用によるデジタル化の推進に伴い、中小企業や中堅企業においても、
経済の維持や発展の観点でのサイバーセキュリティへの取り組みは喫緊の課題になることは間違いないでしょう。

国内におけるサイバーセキュリティの研修や情報提供は比較的に高価格な状況の中、
当社は毎月サイバーセキュリティ専門家による、「企業が取り組むべきセキュリティ対策」を法律を絡めて
情報提供しており、貴重なサイバーセキュリティの人材育成に貢献する取り組みも実施しております。

また、「グローバル報告書2021」によると、今後10年間に発生する可能性の高い、
あるいは影響が大きいリスクの一つとして、
「パンデミアル(Pandemials:パンデミックを生きる15〜24歳世代)のメンタルヘルス」が取り上げられています。

更に、労働力不足が課題となっている日本において、労働生産性向上のためのメンタルヘルス対策は、
企業存続のために欠かせない対策の一つであります。

当社は、そのようなこれから迫りくるリスクに対して、単なる顧問としてアドバイザーでいる立場ではなく、
企業様と一緒に、同じ目線で、抱えている課題に真摯に向き合い解決していく、
共存し成長し合う新しい形の顧問型コンサルティングをおこないます。

昨年末より、365日24時間、晒されているのにも関わらず「ノーマスク」状態の企業のWebサイトを守る【Webセキュリティ「BLUE Sphere」】の販売も開始いたしました。

まずは技術的にお客様をサイバー攻撃からお守りする。
そして、毎月のレポートで人材育成にも貢献する。

この掛け算から、中小企業や中堅企業にセキュリティ文化浸透への啓蒙活動をおこなっています。

未来の子どもたちに選ばれ続ける企業になるために、
逆境や困難な状況に陥っても自ら回復する力(レジリエンス力)を身に着けることが今こそ必要なのです。

社員一同、お客様の成長を支え、未来の子どもたちに寄与できるように事業推進を行ってまいります。

本年も、より一層のご支援、お引立てを賜りますようお願い申し上げます。

2022年1月 代表取締役 須田 亨妃

会社名 日本レジリエンス株式会社
所在地 東京都豊島区西巣鴨4-31-3西巣鴨ビル4階
電話 03-6903-5513
資本金 3000000円
内容 リスクマネジメントコンサルティング事業、人材育成コンサルティング事業、Webセキュリティサービス提供事業
代表者 代表取締役 須田亨妃


TOP