マークテック株式会社様
https://www.marktec.co.jp/

『品質保証を通して社会に安全と安心を提供する』を企業理念とした業界における世界トップクラスの企業グループ

代表取締役社長 西本 圭吾 様
執行役員  野崎 浩史 様
グループマネージャー  上床  拓郎  様

この度は、マークテック株式会社様に、弊社が提供しているWebセキュリティサービス「BLUE Sphere」の導入のきっかけから実際の導入対応などについて、詳しく聞かせていただきました。

マークテック株式会社様の紹介

マークテック株式会社様は『品質保証を通して社会に安全と安心を提供する』を企業理念とした非破壊検査・マーキングの総合メーカーで、業界における世界トップクラスの企業グループです。さらに第三の事業の柱構築のため、30年先をも見据え、新たにM&Aを中心とした、資本提携、業務提携、技術提携等による「品質保証に関連する技術力ある中小製造企業の受け皿=Good Companyによるエコシステム(MBS:Marktec Business System)」を構築するという戦略的なビジネスモデルに取り組んでいらっしゃいます。

初めてのWebサイトを守るセキュリティ”WAF”の提案

様々なセキュリティの提案がある中で、Webサイトを守るWAFの提案は初めてだったことと、Webサイトへのセキュリティは充分ではなかったので、話を聞こうと思いました。

Webサイトのセキュリティ無料診断で明るみになった脆弱性

Webサイトの無料診断をおこなっていただいた結果で、脆弱性が確認された部分に関しては、サーバー管理会社へ報告しました。その結果、脆弱性が確認された項目を更新するには、オプション契約になっていることがわかりました。

BLUE Sphereの導入で脆弱性を一気に解決

BLUE Sphereを導入することで、Webサイト経由でのサイバー攻撃について、何もしなくても防御してもらえること。そして、クラウド型サービスなので更新もベンダーにお任せでき、実務の手間がかからないことは運用面で優れています。

設定においては、「簡単」という触れ込みもありながら実際はそんなに簡単ではないシステムやサービスが多いのですが、BLUE SphereはDNSコードを書き換えるだけなので、本当に簡単でした。(笑)

他社と比較しても優れた性能

スピード重視でしたので多数の比較はできませんでしたが、クラウド型WAFを提供している企業を数社検討した結果、特に2つの面においてBLUE Sphereが優れていることが確認でき、導入を決めました。

●1つ目は、費用面です。他社では、インバウンド通信とアウトバウンド通信、両方を加算して課金対象とするところ、BLUE Sphereでは、アウトバウンド通信しか課金対象としないこと。

●2つ目は、契約のドメイン数(Webサイトの数)に制限がないことです。Webサイト全てを一度だけの初期費用と1つの契約だけで守ってくれるので非常に良心的だと思います。

グループ会社でのサイバー攻撃に対する意識の変化

ウクライナ情勢でサイバー攻撃が活発になっていること、また、日本では製造業においても被害が拡大していることにより、親会社からサイバー攻撃への対処の強化指示がありました。サイバーセキュリティリスクは、今や優先度が高いリスクですので、BLUE Sphereを導入していたことは、社内でも高評価を得られました。

グループ会社でのBLUE Sphere導入拡大の推進

順次、グループ会社への導入についても積極的に行っていく予定です。

インタビューに応じてくださった
西本社長、野崎執行役員、上床グループリーダー
お忙しい中、ありがとうございました!

今後もしっかりサポートさせていただきます!

TOP